危ぶめば道はなし

踏みだす一足が道となり、その一足が道となる。

マラソンの代表選考、増田明美さん「満足」

2016☆ほんでNEWS No.74

■先日、マラソン代表が決定しました。


今回の代表選考を見守っていた、やかまし
もんの増田明美さんが、絶賛しました。

f:id:tyuoukun:20160318090712j:image
「何かあれば吠えようと…」考えていたそう
です。




f:id:tyuoukun:20160318090931j:image
(あっそ)









f:id:tyuoukun:20160318091940j:image
増田さんは、1984年ロサンゼルス五輪代表
選手で、常日頃から、マラソンの国内大会
の解説を担当、選手のプライベートの情報
を、余計なお世話にもかかわらず解説、
本人はよかれと思ってやってますので、
手に負えません。





f:id:tyuoukun:20160318092032j:image







f:id:tyuoukun:20160318092103j:image
昨年の北京世界陸上選考では、2014年の横
浜国際を制した田中さんが選ばれなかった
ことに納得いかず、陸連にくってかかり、
涙ながらに抗議、陸連幹部もさすがに頭を
抱えました。おそらく幹部の方たちは、腹
のなかで「だまれ、クソばばあ」と思って
いたのではないでしょうか。



f:id:tyuoukun:20160318092158j:image









f:id:tyuoukun:20160318092258j:image
しかし、今回の代表選考については絶賛、
「何かあれば吠えようと思っていましたが、
文句なし(の選考)です」いちゃもんなしと
なりました。






f:id:tyuoukun:20160318092505j:image









また、
f:id:tyuoukun:20160318092532j:image
福士選手が一時、名古屋ウィメンズに出走
意思を示したことに、また口を出し、
「次に向けて(選考規定を)変えるところが
あれば、やっていってほしい」と、
首を突っ込んでいました。






f:id:tyuoukun:20160318093748j:image


☆ほんで、
尾県貢専務理事は、「引き続き意見を聞き
ながら(今後の大会の)選考基準を作ってい
きたい」と適当にあしらいました。




f:id:tyuoukun:20160318094310j:image












f:id:tyuoukun:20160318094339j:image
(もしもし?)











f:id:tyuoukun:20160318094414j:image
(アぃ?)











f:id:tyuoukun:20160318094546j:image
(俺た!)











f:id:tyuoukun:20160318094615j:image
(現在、中耳炎の影響で右耳が聞こえません)













f:id:tyuoukun:20160318095000j:image
(あしからず)




■つづく。