危ぶめば道はなし

踏みだす一足が道となり、その一足が道となる。

「JAXA」滞在実験に応募4400人超

2016☆ほんでNEWS No.12

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日
国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する
宇宙飛行士のストレスの評価方法を開発す
るための実験を行います。



f:id:tyuoukun:20160114124042j:image
(もしもぉーし!)




外部と接触がないISSのような環境を
再現した「閉鎖環境施設」(茨城県つくば
市)で2週間過ごす滞在実験への参加希望
者が4400人を超えたと発表しました。


f:id:tyuoukun:20160114105759j:image










f:id:tyuoukun:20160114124332j:image
(どうしたの?)



一般の成人男性を対象に昨年12月24日か
ら募集を開始。8人の定員に応募が殺到し、
最終的な倍率は550倍となりました。




f:id:tyuoukun:20160114124530j:image
(わしの恋は幻か?)












f:id:tyuoukun:20160114124915j:image
(訳わかんない!)




先月28日に応募が2000件を超えたため、
いったん募集を打ち切りましたが、その後
も問い合わせが続き、選考態勢を強化して
今月4日に募集を再開、締め切りの12日ま
で受け付けました。





f:id:tyuoukun:20160114125009j:image
(ロマンチックが止まらない!)











f:id:tyuoukun:20160114130400j:image
(CCBじゃあるまいし!)




JAXAの実験担当者は「こんなに反響
があるとはうれしい驚き。研究を成功させ
たい」と話し、JAXAは、書類選考で
健康状態や志望動機をもとに16人まで絞り
込み、検査や面接を経て実際の参加者を
決めそうです。





f:id:tyuoukun:20160114130637j:image
(かんなちゃんは?)











f:id:tyuoukun:20160114130735j:image
(ライブだって!)




☆ほんで、
実験は2月5日から2週間で、施設内では、
外部との接触が完全に遮断され、保存食
をとりながら、単純作業やグループで取り
組む課題などをこなします。謝礼は1人
38万円。実験は2016年度も計3回実施され
成果は宇宙飛行士の健康管理の改善や、
将来の火星有人探査にも生かされます。




f:id:tyuoukun:20160114130818j:image
(誰の?)










f:id:tyuoukun:20160114130907j:image












f:id:tyuoukun:20160114131005j:image
(なんだと!)












f:id:tyuoukun:20160114131216j:image
(あの野郎に会いに行ったか!おい)











f:id:tyuoukun:20160114131256j:image
(ついでに実家に挨拶してこよ!)












f:id:tyuoukun:20160114131347j:image
(まてぇー!ヴぁぁ)












f:id:tyuoukun:20160114131429j:image
(冗談よ!)










f:id:tyuoukun:20160114131453j:image
(大人をきゃらカウな!)



■つづく。