危ぶめば道はなし

踏みだす一足が道となり、その一足が道となる。

スズメの巣から落下した

朝はやく出かけるとき、階段の下に、
巣から落下したひなが3匹いた。

ん。

かなり弱っている。

どうやら、カラスの仕業らいし。

どうしたものか。

ひとまず、ひな3匹を車に乗せた。

死ぬな。

それから、ネットで情報収集。

ティッシュの箱をくりぬき、中にカイロを敷き詰める。ハンカチで簡易の巣箱を作った。

ひなの震えがやまない。

次にエサをホームセンターに買いに行く。

ピンセットも。

エサのやり方がなかなか難しい。

喉の奥までもっていかないと、
飲み込めないらしい。

瀕死のひな、手の中につつんでいると、
震えがおさまる。

やはり、人間の体温がいいのだろう。

一晩あまり寝ていない。

手のなかにつつんでは、
箱に入れるの繰り返し。

すると、

朝6時位に、
元気にエサをねだる鳴き声がした。

驚いた。

手のひらでエサをやると、
勢いよく食べる。

1匹が元気がない。

おっと。

市役所に相談しよう。

動物愛護センターが受け入れてくれるらしい。

早速、ひな3匹を大事に届けてきた。
ティッシュ巣箱、残りのエサも渡した。

受付でことのいきさつを記入し、
お願いし、預けてきた。

宜しくお願いします。と。

なんとなく、愛情がでたような。

カラスめ。

ひと安心。


f:id:tyuoukun:20150518102952j:image